キャリアコンサルタント 受験応援と合格してから

福岡でキャリアカウンセリング、キャリアコンサルティング、国家資格キャリアコンサルタントの受験対策を行っているキャリアカウンセラーグループのブログです。

国家資格キャリコンサルタント 面接試験対策     合格者はこう聴いた2

                                 ケイ

前回の続きです。
カウンセリングはまず信頼関係ができないと話になりません。
そのためにはカウンセラーが「クライアントの事を本当に知りたい」と心の底から思っていることが必要です。上っ面や口先だけでは信用されませんから、「本当に心の底から」です。

クライアントに対して好き嫌いの感情や、苦手意識を持っていてはカウンセラーとして失格です。

どんなに苦手なタイプの人でも、本当に心の底からクライアントの事を知りたいと思えなければカウンセリングになりません。


こんな経験ありませんか。
熱や咳が出て病院に行ったとき、症状をちゃんと聞いてくれて何の病気か考えてくれるお医者さんと、ろくに話をきかないで「はい風邪ですね。薬出しておきますね」と片付けてしまうお医者さん。
どちらを信頼しますか。
自分の事を本当に知りたいと思ってくれていると分かったら、そこで信頼関係ができる。
これはカウンセリングに限りませんね。

     f:id:portofcall-k:20170806001053p:plain

カウンセリングではその人の事を本当に知りたいと思ったら、当然する質問があります。@CAREERの面接対策講座で合格者が実際に行ったロープレから紹介しましょう。


こんなケースです。

保育士だった女性が、子育てが一段落してまた働きたいと思う。

でも子供はまだ小さいからフルタイムではなくパートで時間の融通が利く仕事がいい。保育士以外のレジ打ちとか販売の仕事でもいい。

でも自分がしたい仕事が良く分からない。

自分に何ができるのかも良く分からない。
さて、カウンセラーのあなたは、この女性の事を本当に知りたいと思ったら、どうしますか?      

            f:id:portofcall-k:20170806003046p:plain

まずこう聞きますよね。
「また仕事をしたいと思ったきっかけについて話して戴けますか?」
一生懸命子育てをしてきた女性が、子供が保育園に行きだしたところで働きたいと思った。
その時、何がきっかけで、どう思っていたのか。


答えは
「保育園に行ったら、働いているママも沢山いて、その人たちが輝いているように見えた」
保育士を辞めて子育てに専念するために専業主婦をしていた女性が、子供と一緒に行った保育園で見たのは「輝いている働くママたち」だった。
さあ、あなたはこの後のカウンセリングをどうしますか?

          f:id:portofcall-k:20170806001625p:plain

合格者はこう聞きました。


輝いているように見えた、と言われましたが、輝いているってどんな感じなん

 ですか?
 単に外見から受けた印象なのか、何か内面的なものを感じたのか、他に何か

  あるのか。人間観、自己意識を知りたい
子育てに専念していた時は、ご自分の事をどんな風に思っていましたか?
 子育てが大変で辛かったのか、子供といる時間が充実していたのか、夫はどん

  な協力をしてくれたのか、夫を、子育てをどう思ったか、仕事をしていないこ

  とで何か思うことがあったのか。家庭観、育児観、夫婦観を把握したい
先ほどレジ打ちや販売の仕事でフルタイムではない方がいいと言われましたが、

 何年後かお子様が小学校・中学校に行くようになったら、仕事について考えること

 が変わったりするのでしょうか。 クライアントの職業観、労働観を知りたい

 

( )の中は口頭試問で「・・・という質問をされましたが、どういう意図がありましたか?」と聞かれたときの答えです。
質問は3つですが、一つの質問をすると付随して聞くことが出てきますから、この3つだけでも相当なボリュームになります。

 

クライアントが大事なことを言ったときに、どれだけの質問を思いつくかが勝負だな、と思った人、違いますよ。
クライアントが大事なことを言ったときに、そこに留まって、クライアントに自分を振り返ってもらうことが大事なのです。上の質問は全部振り返ってもらっていますよね。

クライアントが話しているときは、カウンセラーは質問を考えるのではなく、この話の何が重要なのか、言っていることはクライアントの何を表現しているのか、この話で分かること、分からない事は何なのか、ひたすら聴くことに集中しないといけないのです。

                f:id:portofcall-k:20170806004011p:plain


クライアントが話し終わったときに、何か気の利いた質問ができるか不安で、質問の事だけ考えていると、クライアントの発した大事なシグナルを見落としますよ。
質問しなきゃ、と心配しなくても大丈夫です。一生懸命聴いていると話し終わったときに何を聴くべきか必ず分かります。

私たちの講座はその聴く力を養うことに力を入れています。

ロールプレイングで質問ばかり考えていたなと思った人、一度聴くことに集中してみてみましょう。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村