キャリアコンサルタント 受験応援と合格してから

福岡でキャリアカウンセリング、キャリアコンサルティング、国家資格キャリアコンサルタントの受験対策を行っているキャリアカウンセラーグループのブログです。

国家資格キャリアコンサルタント 実技(面接)試験対策  少し気を付ければいいカウンセリングになります

                                  ケイ

実技(面接)試験の対策はどうされていますか?
15分のカウンセリングがどう展開するのか、どう対応するのか、そもそもどんな人がクライアントになるのか事前には全く分かりませんよね。
でも相手が変わってもカウンセリングの基本は同じです。

心配する事はありません。
カウンセラーとしてやるべきことをやるだけです。
でも・・・それが難しい?
そうですよね。それができれば誰も苦労しません。

                 f:id:at-career:20170712150238p:plain

でも割と簡単なことに気を付ければとてもいいカウンセリングができる、ということもあります。
@CAREERは、実技(面接)試験対策講座を行っていますが、対策講座の最初の内は受講生さん皆が大体同じ間違いをします。
慣れていないから仕方ないし、対策講座の中で修正されていくので心配はしていませんが、でも、講座に1回しか来られない人とか、勉強する場がない人とかは心配です。
なので、ここだけはどうしても押さえておいて欲しいというところを今日はお伝えしたいと思います。

      f:id:at-career:20170712150407p:plain

その同じ間違いとは、質問が細かくて全体像がなかなかつかめない、という間違いです。

例えば
CL「保険の営業の仕事をしているんです。」
CCt「何年くらいですか?」

 

CL「今度転勤することになったんです。」
CCt「どちらへ行かれるんですか?」

 

こんな感じです。
「何年くらいですか?」と聞いたら、「20年くらいです」という返事しか返ってきません。
「どちらへ?」と聞いたら、「福岡です」としか返ってきません。
全体像が見えないまま細かな情報だけが積みあがってるのに何も分からない、というカウンセリングになってしまいます。
でも、やっている方は色々聞き出している、という感じがするので、あまり問題だと思っていません。
その内
CCt「20年営業されてたんですか。」
CL「いやあ、色々あって大変でしたよ。」
CCt「頑張られたんですね!」
という風に話が進むと、「寄り添えた!」みたいな気がしてきます。
でも、クライアントは細かい事ばかり聞かれて本当に自分を振り返ることができたり、何かに気が付いたりできたのでしょうか?

 

大事なことはクライアントに対して「あなたの事を本当に知りたい」という気持ちを持つことです。そうすると
CL「保険の営業の仕事をしているんです。」
と言われても、クライアントの事を本当に知りたいから、どんな仕事で、どんな風にしていて、何を感じているんだろう、と思って、
「保険の営業をされているんですね。どんなお仕事なんですか?」
と、素直に聞くことができます。あとは話の進行に合わせて「仕事をどう思っているか」「何か話しておきたいエピソードはないか」「そのエピソードはクライアントにどんな影響があったのか」「今思っていることは?」と聞いていけば全体像が見えてきます。

 

CL「今度転勤することになったんです。」
と言われても、普通は転勤を命じられたら引っ越しの用意をして、仕事の引継ぎをして新任地に赴くのに、このクライアントはカウンセリングを受けに来た、何か特別な事情がありそうだ、と思いますよね。

そうするとカウンセラーは「転勤することになったんですね。少し詳しくお話しいただけますか?」と聞くことになります。

              f:id:at-career:20170712150630p:plain

上の例で既にお気付きかもしれませんが、クライアントの事を本当に知りたい、全体像をつかみたいと思ったら、質問は必然的に「大まかな質問」になります。ここが重要なところです。

クライアントの事が本当に知りたい、という意識を持っていなければ、クライアントの言葉に場当たり的に反応して、何も分からない、話が堂々巡りをする、ということになります。

ロールプレイングをするときはぜひこの事を意識してやってみてください。
・クライアントの事を本当に知りたい。
・全体像をつかみたい。

          f:id:at-career:20170712150712p:plain

次回は、ある人のロールプレイングの進行を途中まで見ていただいて、この先あなたならどう進めますか?という記事にしようと考えています。

そのある人は合格しています。

ぜひ一緒に考えてみてください。

今日の話が更によく分かると思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村