キャリアコンサルタント 受験応援と合格してから

福岡でキャリアカウンセリング、キャリアコンサルティング、国家資格キャリアコンサルタントの受験対策を行っているキャリアカウンセラーグループのブログです。

40歳は「人生の正午」という考え方

こんにちは。ヒカリです。

 

f:id:hikari-career:20170707161502j:plain

 

ユングの理論の中に『人生の正午』という考え方があります。

人生の発達を毎日の太陽の運行になぞらえ、

少年~前成人期~中年~老人

の4つの段階で定義しています。

 

そして、この前成人期中年へ差し掛かる頃(40歳頃)

を『人生の正午』といいます。

 

 

f:id:hikari-career:20170707161530p:plain

 

ユングはこの時期を「転換期」と捉え、「危機の時期」であると指摘しています。

 

 

 

 

 

また、レビンソンの「成人発達理論」(※1)

でも、40歳~45歳を『人生半ばの過渡期』と捉えています。

この時期には、自分自身に目を向け

① 今までの生活を見直し

② 自分が何をやっていきたいのか、本当に欲しているものは何か・・・

という問い直しを行います。

 

この移行期は、

★過去を見直し、未来のための基盤を作る時期

であり、

★新たな選択と断念、何を優先させるのかという決断が必要になる時期

でもあるのです。

 

f:id:hikari-career:20170707162709j:plain

 

 

私は今、『人生の正午』にいます。

 

今まで、前をみて進んできたけれど、

ここで一度立ち止まって今までの人生・これからの人生をじっくり考えてみよう。

人生の午後を有意義なものにするために。

前成人期までに得たもの、失ったものも全て記憶から取り出して、

何が必要で何を断念するのか、決断の時でもあるんですね。

 

子育て、家庭、仕事、これから介護の問題も出てくるでしょう。

今までとは全く違う景色が広がっているかもしれません。

自分の人生の後半をしっかり見つめてこの先訪れるであろう、急激な変化に備えていかなければならないのです。

 

 

「中年」って言葉にちょっとショックを受けるけど・・・

 

午前中より午後の方が活動量が多い私。

 

この「中年の危機」を乗り越え人生の午後をに向けて

成熟させていきたいものです。

 

 

ちなみに・・・

レビンソンの成人発達理論(※1)

①前成人期(0~22歳)

②成人前期(17歳~45歳)

③成人中期(40歳~65歳)

④成人後期(60歳~85歳)

 

人生の過渡期は

*成人への過渡期(17歳~22歳)

*三十歳の過渡期(28歳~33歳)

*人生半ばの過渡期(40歳~45歳)

*五十歳の過渡期(50歳~55歳)

*老年への過渡期(60歳~65歳)

 

です。

 

 

振り返ってみると、

 

*成人への過渡期…高校から大学へと進路の選択をし、20歳を過ぎると就職活動で初めての社会人としての人生の選択をしていたな。

 

*三十歳の過渡期…今の仕事を続けるか?キャリアチェンジして新しい道を進んでいくか?また転機を迎え、転職し、心機一転がむしゃらに働いていたな。

 

など、理論と一緒に自分の人生を重ね合わせてみると納得したり腑に落ちたりすることがあるんです。

お時間のある時に、「キャリア理論」見直してみてください☆

 

 

 

 

 

ホームページ、お問い合わせはこちら

https://www.at-career.jp/