キャリアコンサルタント 受験応援と合格してから

福岡でキャリアカウンセリング、キャリアコンサルティング、国家資格キャリアコンサルタントの受験対策を行っているキャリアカウンセラーグループのブログです。

国家資格キャリアコンサルタント 1次試験問題

2次試験対策の受講生の皆さんが「1次試験が難しかった。養成講座のテキストだけでは対応できない」と言われていましたので、第4回学科試験をちょっと分析してみました。

                f:id:portofcall-k:20170611173707p:plain

1.試験の傾向

キャリアカウンセリングの理論以外で出題された項目は以下の通りです。
数字は出題数です。

28年労働経済分析  2
職業能力開発促進法 1
人材開発支援助成金 1
キャリアアップ助成金 1
平成25年若年者雇用実態調査 1     

職業能力評価シート 1
ものづくりマイスター 1
社内検定認定制度 1
国際技能競技大会 1
平成27年度能力開発基本調査 1
職業能力開発を支援する制度 5種 1
労働基準法 4
育児・介護休業法 2
公正な採用選考を目指して平成28年度版 1
労働市場分析レポート平成28年7月 1
就業構造基本調査 1
労働力調査 1
能力開発基本調査 1
賃金構造基本調査 1
男女雇用機会均等法 1
労働契約法 1
学校教育法 1
厚生労働省のキャリア教育への取り組み 1

全50問で選択肢は200項目。
200項目の内、養成講座テキストから60%、厚労省報告書・サイト情報20%、木村周先生の本から15%、その他5%という感じですね。

CDAの試験と比べて広範囲から出題されるようになりましたね。

国家資格だから当然ですが、法令や制度は大事で、特に新設されたもの、改正されたものは要チェックですよ。

 

2.試験対策

これから試験を受ける人の対策としては、

①養成講座テキストは隅から隅まで頭に入れておく 

②木村周先生の「キャリアコンサルティング理論と実際4訂版」は、この中から幅広く出題されているので全部大事。但し、養成講座に記載があるものは読まなくてもよい。

       f:id:portofcall-k:20170611173133p:plain

厚労省報告書・サイト情報は、各報告書を読んで厚労省のサイトをチェックして重要な施策についてはまとめておくのが理想だが、現実には無理。

次善の策として問題集「別冊キャリアの赤本(1級キャリアコンサルティング技能士の会)」をやりましょう。元々技能士2級、1級用の問題集ですが最近は国家資格キャリアコンサルタント試験にも対応できる内容になっています。

         f:id:portofcall-k:20170611173211p:plain

④過去問は必須。

https://www.career-shiken.org/past.html#contents02


これをやってまだ余力のある人は「キャリアの青本Ⅱ」と宮城まり子先生の「キャリアカウンセリング」を読みましょう。

大変だけど合格したらキャリアコンサルタントですよ。国家資格の。

             f:id:portofcall-k:20170611173818p:plain

きっと人生が変わります。                     ケイ