キャリアコンサルタント 受験応援と合格してから

福岡でキャリアカウンセリング、キャリアコンサルティング、国家資格キャリアコンサルタントの受験対策を行っているキャリアカウンセラーグループのブログです。

キャリアの事、今週の新聞記事から

新聞にキャリアに関する記事が3本載っていたので紹介しますね。

1. 挑むシニア 起業家63万人

第2の人生として起業を選択するシニアが増えてきた、という記事です。
え、そんなにいるの!と思いましたが、これでもシニア人口(55~64歳)に占める割合は4%だそうです。

え、ちょっと待って。67歳の私はシニアじゃないの?知らなかった。いつの間にかシニアを突き抜けてた。

気を取り直して本題。

記事の中ではいろいろなケースが紹介されていますが、私が興味を持ったのは「シニア起業のコンサルに相談するのは50代前半の会社員も多い」ということでした。シニア起業向け支援制度の充実が求められますね、と結ばれています。キャリアカウンセラーに相談するのが早いですよ。

       f:id:portofcall-k:20170608223008p:plain

2. 65歳超の雇用手探り  -法的義務なくても人手不足で拡大-

産業界で人手不足が深刻になる中、法的な雇用義務がない65歳超の高齢者を本格的に活用する動きが広がりつつある、という記事です。

興味を持ったのは「政府は3月に公表した働き方改革実行計画で、20年度までを継続雇用延長や定年引上げの「集中取り組み期間」と明記」というところで厚労省助成金を出すことが書かれています。

キャリアカウンセラーが活躍する場面が増えますね。

 

3. 長時間労働 恋愛に支障-民間調査 残業40時間超で7割-

支障の内容は「一緒に過ごす時間が減った」「相手に迷惑をかけ、我慢させた」だそうです。

        f:id:portofcall-k:20170608223721p:plain

自分の時はどうだったかな、と振り返ると、確かに残業は多かったけど上手くコントロール(時間を。相手をじゃないですよ)できていたような気がします。

最近の残業は当事者がコントロールするのが難しいのかもしれませんね。

 

以上3本、月曜日(6月8日)の日経朝刊でした。
では、また。                              ケイ