キャリアコンサルタント 受験応援と合格してから

福岡でキャリアカウンセリング、キャリアコンサルティング、国家資格キャリアコンサルタントの受験対策を行っているキャリアカウンセラーグループのブログです。

カウンセリングワールドを散歩していたら 1

 カウンセリングの面白い話ないかな、と思ってネットの中を散歩していたら、出会いましたよ。面白い話に。
カウンセリングの話なのに、そのレポートが載っていたのはなんと、「日本ロボット学会誌」!
ちょっと結び付きそうにないですよね。ロボットとカウンセリング。
ロボット作る人をカウンセリング、なら分かりますけど。

タイトルは「人の主体的な問題解決を促すロボットの役割」
書いた人、白水始さん、中京大学情報理工学部准教授。
中原淳さん、東京大学大学総合教育研究センター准教授。

f:id:portofcall-k:20170608220847p:plain

何が書いてあるかというと、ちょっと引用しますね。

「参加者の中には、「キャリアカウンセラーだったら、ついつい相手に答えがあると思って頼ってしまうけれど、相手がロボットだから、自分でストーリーを作らなきゃと思う」と認識し、ロボットを発話の記録主体と位置づけ、自分でメモを作り、メモの記録内容を最終過程において統合し、キャリアアンカーを意味づけた者が存在した。これは一事例に過ぎないものの、ロボットが「聞き手」として機能する可能性を示唆している。
また技術的な知見としては、今回の実証実験の結果、ロボットによるキャリアカウンセリングを円滑に行うためには、ロボット参加者の間で、カウンセリング冒頭に、短い自己紹介などを相互に行うなどして、ラポールを形成することや、参加者の発話内容をリピーティング(繰り返し)することなどの重要性が分かった。」

どうですか?何をやったんだ?って思うでしょ。
「ロボットによるキャリアカウンセリングを円滑に行うためには・・・」だって。
ラポールの形成」だって。

どうやったかはここで簡単に説明するとかえって誤解を生みそうなので、興味のある人はレポートを読んでください。学問ですからね、きちんとした手順で行われていますよ。


ちょっとこのお二人、@CAREERで呼んで講演してもらいたいですね。

レポートはこちら↓
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jrsj/29/10/29_10_898/_pdf


では、また。                       ケイ