at-career’s diary

福岡でCDAの受験対策、キャリアカウンセリング、キャリアコンサルティングを行っているグループのブログです。

CDA資格認定試験を目指す皆さんへ~あと3日!~

みなさん、こんにちは!ふみです。

f:id:at-career:20151008090150j:plain

あと3日!

この時点で、ふみは「固まりの時間」を得、はまり込んで勉強していました。

図書館で模擬試験を繰り返し、繰り返し・・・・

「あと3日あるんだ!」と納得のいく点数を目指して、いもあんのメッセージにあった「ワクワク」を楽しんでいる自分がいたことを思い出します。

 

皆さんはどんな「あと3日」を過ごしますか?

 

f:id:at-career:20150830214309j:plainKeiの合格できる教室2④

ケイです。あと3日になりましたね。

前回の記事で受験する1,000人は合格する500人と落ちる500人に分かれると書きました。あと3日というこのタイミングでは、合格間違いないという人が100人くらいは出てきているでしょうね。

でも残り400の合格枠はまだ決まっていません。この3日で決まります。この3日を頑張りぬけるかどうかで明暗が分かれます。

今回はダメだともうあきらめている人、ダメだと分かっているけどやるだけやろうと頑張っている人、いけそうだという感触を持っている人、合格を確信している人。目には見えないけれど、合格のボーダーラインの前後で激しいデッドヒートが、今、演じられています。

もしあなたが先頭から600番目くらいにいるとしたら、この3日で500番以内に入ることは可能でしょうか?

十分可能です。せっかく500番以内に入れるのに、合格の確信が持てなくて、自信がなくてどんどん順位を落として行く人が沢山いるから、あなたが諦めなければ大丈夫です。

この3日が集中力が最も高くなる時です。受験勉強期間の中で最も価値が高い3日間。

もしあなたが700番とか800番のところにいたとしても、諦めなければ逆転することが可能です。いもあんさんが逆転できたのも諦めなかったからですよね。

 

もうひとつ。

当日の朝は必ず早起きして勉強して下さい。一番覚えられる日です。

私たちは朝4時に起きて勉強しました。当日になるともう焦りもなくなります。雑念がなくなって暗記に集中できます。

当日覚えたことは、当日なら思い出せます。試験開始の直前まで諦めないでください。

当日の朝、何を使ってどう覚えるか今から決めておいてください。その場になって、あ、どれからやるのがいいのか分からない、と混乱しないように。

私の場合は、論述を一通りやって、記述の暗記カードを確認して、択一の問題集と暗記カードを一通り目を通しました。試験が始まって問題を見た時に、あー早起きしてやっといて良かった!と思いまいしたよ。

 

目前に迫ったゴールを目指して、「あなたの前後左右を走っている1,000人」をイメージしてみて下さい。あなたが一つ覚える度に何人か追い抜きますよ。

 

あと3日、あっという間に過ぎます。頑張りぬいて下さい。

合格を祈っています。

f:id:at-career:20151008092743j:plain

ケイ

 

こんな話を聞いたことがあります。

「笑顔で走ると早く走れる」

歯を食いしばって走ると、肩や腕、上半身など体のあちこちに余計な力が入ってしまいますが、笑顔になることで、筋肉がリラックスしてスムーズに身体が動き、早くなるというのです。

 

また、「5メートル先をゴールだと思う」ことも早く走れるコツだそうです。

一次試験がゴールではなく、その先に皆さんのゴールはありますよね。

 

「目的」を見定めて、「笑顔」でゴールを走り抜けましょう!