読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

at-career’s diary

福岡でCDAの受験対策、キャリアカウンセリング、キャリアコンサルティングを行っているグループのブログです。

CDA資格認定試験を目指す皆さんへ!~二次試験結果発表!!~

みなさん、こんにちは!ふみです。

 f:id:at-career:20150925205314j:plain

第47回二次試験の結果が発表されました!

@CAREERで二次対策を受講された皆さんから続々と連絡をいただいています。

全体的には合格率40.3%という、前回よりも低い結果でした。

そんな中、合格を勝ち取った皆さん、おめでとうございます!

 

@CAREERでの合格率は68%。

平均を大きく上回ったということは、数字的には受講者の皆さんの努力の「結果が出た」のだと思います。

ですが、今回不合格となった方については、二次対策の状況からみて、合格となった方との「差」は、本当にわずかであったと思われ、ご本人と同じように悔しい思いです。

 

この「結果」にどんな「意味」があるのか。どう、捉えるのか。

整理ができたら、次に向けて「スタート」です♪

f:id:at-career:20150925235607j:plain

第48回二次試験(12月19日・20日)に向け、@CAREERの二次対策も11月にスタートします!

 

 

Kinにとっての「次、頑張るぞ」の詩が送られてきました。

f:id:at-career:20150925234727j:plain

~Kinの七転び八起き!CDA合格日記⑥~

f:id:at-career:20150713104008j:plain

《管理職の公式》

Kinは管理職暦20年。 物事の考え方はトップダウン、時間と結果を求められる環境。部下の意見、聞いているけども、どこかから歯がゆくなって自分の意見でGO!

自分は納得した面談、でも過去の部下との面談は????

○か×かしかない世界。△という選択肢はKinの選択肢にはないんですよね。

それが解らなかった。できなかった。いまでも現実と理想の中であえいでいる。

△の世界が広がると、もっともっとゆとりも出てくるんでしょうね。

                                                                                                 

《公式に当てはめる》

Kinはなぜか公式に当てはめる。

自分の公式をつくってしまう。

そして、それを人に教えたがる。

友からは価値観の押し付けはだめよって言われる。

でもでも、合格するためのノウハウ、なんで公式が悪いんだって

気の小さなKinは腹の中でつぶやいている。

 

《画期的な勉強法(甚だ迷惑な話であるが)》

時間がない、勉強する時間がない、どうしよう、あせるばかりである。   

ある日、ひょんなことから冗談で、同期のCDAに電話した。

「もしもし」から始まるところを、「今日はどうされましたか」っての問いに

「今、転職の事で悩んでいまして・・・・」と乗ってきてくれた。

ひょんなことからの勉強時間創出!

いまはスカイプあるので、相手の表情もわかるので、遠距離の方は使えると私は思っています。

 しかし、支援者の方の同意を本当に取っていないと大変みたいでした。

ごめんなさい  ○○CDA様

 

《「集中」の体験》

クライエントの話を聴く。

10分間話を聴くって、自分はどんな状態なんでしょう。

あるクライエント体験で自分の転機の事を話した。

素晴らしいCDAの大先輩の周りにオブザーバーがいることも忘れて、真剣なこの人ならわかってくれる、この人なら本音でしゃべれる、と無の境地で熱っぽくCDAに訴えている。

会社への怒り、将来への不安を腹の底から吐き出して、吐き出した後には涙腺から熱いものがこみ上げ、嗚咽を挙げていました。

カウンセリングの擬似体験だったのに。

 

次回に続く♪