読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

at-career’s diary

福岡でCDAの受験対策、キャリアカウンセリング、キャリアコンサルティングを行っているグループのブログです。

CDA1次試験!変化に対応する!

 

みなさん、こんにちは。ふみです。

f:id:at-career:20150524091107j:plain

新緑が美しい・・・季節は、雑草も相当元気に成長します。

雑草なんて植物はないのですが。

私の庭もたくさんの「雑草」たちが自然のままにちいさなお花をつけて茂っています。

それを抜いてしまう気にならなくて・・・というか、億劫だったりもするのですが、もともと植えていた「植物」が「雑草」に負けて埋もれてしまったので、今朝少し手入れをしました。

           f:id:at-career:20150524095711j:plain

ふと・・・

手入れをしなくても元気に繁殖する「雑草」と手入れをしないと消えていってしまう「植物」。この「体力」の違いはなんだろう?

 

何となく調べてみると・・・

雑草はいわば“逆境を生きる道”を選んだ植物だ。抜かれたり、踏まれたりという生存にとって苛酷と思われる環境こそが彼らの活躍の場であるといえる。
 ゆえに、雑草たちは逆境を乗り越える5つの知恵を発達させてきた。それが「適応力」「再生力」「反骨力」「忍耐力」「多様力」の5つだ。』

『「剛」と「柔」を持ち合わせている雑草。環境の変化に反応しながら、雑草自身も生き残るために少しずつ変化していく姿に、たくましさを感じることだろう』

・・・テキストの抜書きみたいですね。(覚えなくていいですよ~笑)

 

キャリアカウンセリングを必要とする社会的背景として「3つの社会変動」がありましたね。(これは覚えますよ~)

少子高齢化 ②経済のグローバル化 ③社会や技術の変化の加速化

 

雑草」からリンクして、こんなところに繋がってしまいましたが、みなさんの「目標」であるキャリアカウンセラーになるための「CDA資格試験」も「国家資格化」の動きで変化があるかもしれません。(来年4月以降)

まさに、「3つの社会変動」によるものではないでしょうか。

JCDAのホームページからの情報です。↓

標準レベルキャリア・コンサルタント資格について(続報) | 日本キャリア開発協会

 

変化に対応すること(できること)が、私たちの「自己実現」を可能にしてくれます。

f:id:at-career:20150524100709j:plain

 

~ケイの合格できる教室あと2週間!~

f:id:at-career:20150509142431j:plain

さあ、残すところあと2週間。

通るかな?大丈夫かな?早く合格して受験勉強を終わらせたい!6月14日にCDA1次試験を受ける全国1,000人の共通の気持ちではないですか?

私もこの時期は早く終わらせたい、というそれだけでしたね。

今日は@CAREERによる『第47回CDA一次試験対策』で、これから2週間の勉強の仕方について話してきました。

要旨は、①これから本番までに確保できる勉強時間を算出すること ②その勉強時間にやるべきことを割り当てていくこと ③暗記ツールの使い方 ④論述の対策 ⑤直前、特に試験前日と当日の対応です。

特に暗記ツールは具体的な暗記カード(ハガキサイズ)を見て貰いながら、最も重要なテキスト2、3からこの2週間で覚えるべき項目を40項目抜き出して提示しました。

1次試験はどれだけ暗記できるかが勝敗を決めるわけですが、暗記すべきことのあまりの多さにたじろいでいる人もいるかもしれませんね。

暗記には工夫とツールが必要です。

それがあれば暗記のはかどり方が違います。ツールも暗記カードはもちろんですが、ありとあらゆるものを活用しましょう。

紙の暗記カード、テキストのコピー、音声、PDFにしてスマホのBOOKに入れる・・・

f:id:at-career:20150531214143j:plain

直前2週間の暗記が最も効果がありますよ。焦ることはありません。でもできるだけ直前に近いところで休みをつくって、時間を確保して、やるべきことを確実にこなしていきましょう。

私の受験仲間には、直前の3日間をホテルに泊まりこんで、家事と家族から解放された環境で勉強に集中したり、暗記カードを音声にしてボイスレコーダーに録音して大音量で聞き続けた人もいました。もちろん合格しました。

時間は、休日は10時間、平日はすきま時間をかき集めて、2週間でできれば100時間、最低でも70時間を確保したいですね。

やるべきことを淡々とこなして、さっさと合格しましょう

ケイ

 

~ふみの暗記できる教室③~

f:id:at-career:20150509142741j:plain

 30日に参加いただいた受験者の方々、大変お疲れ様でした!

「暗記」がある意味大きなカギを握るこの1次試験。

受講された方同士で「どう暗記するか」の情報交換が行われていました。

これがイイんですよね~♪

 

今日は、覚えにくい列挙モノの一つ。

認知療法(アーロン・ベック)

f:id:at-career:20150531213428j:plain

「代表的な認知のゆがみ」テキスト2 P45

①選択的抽出 ②恣意的推論 ③過度の一般化 ④拡大解釈と過小評価

④自己関連づけ ⑤分極化思考

唱え方としては、

「選・恣意・過度の・拡大・自・分」

「せん・しい・かどの・かくだい・じ・ぶん」

意味(ストーリー)としては、

「戦士は(認知のゆがみにより)自分を過度に拡大している」(^^;)

 

この5つの「認知のゆがみ」はそれぞれの意味もしっかりと押さえておいてくださいね。

 

模擬試験の4肢択一は問題が全部で200問あります。正解を確認するだけでなく、その他の問題もしっかりと確認すると200問分が身につきますよね♪

 

大丈夫!今していることが、確実に「一つ一つ」身についています!

           f:id:at-career:20150531213600j:plain

ふみ